ホーム > 電子手形の達人 > 電子記録債権の運用イメージ

電子記録債権の運用イメージ

みなさま こんにちは。ユニオンソフトサポートセンターです。

先日 日経新聞に「電子手形の利用急増」という記事が掲載されました。

大手三行の取り組みのほかに「でんさいネット」開業予定も書かれていましたね。そろそろ開業日が決まるのかも知れません。

弊社の方も昨日からホームページのTOP画像を「でんさいネット対応版 2013年早春発売予定!」に変更しました。でんさい部分の機能説明は来年1月に公開するように作成中です。

 

今回のブログは債務者の場合の運用イメージをご紹介したいと思います。

いままで紙の手形で支払っていたお客様が電子記録債権に切り替えると、印紙税が不要、現物の管理が不要(紛失・盗難の危険がない)、送付にかかる手間とコストが不要と電子化のメリットはかなりあります。

 

図のように支払管理システムを導入されている場合、締処理を行った後に支払手形分の債務データを外部出力します。

そのデータを「電子手形の達人」の形式に合わせてインポートし電子記録債権データとして登録します。

「電子手形の達人」から”でんさいネットの標準フォーマット形式”でデータ出力できますので、出力したファイルをお取引銀行のインターネットバンキングからアップロードすると発生記録請求の完了です。

発生記録一覧や決済額一覧の集計もできますので残高の把握もかんたんに出来ます。

 

このような仕組みを既存の支払管理システムに変更を加えて電子記録債権対応に作り替えると、多額の費用が必要になり、電子化するコストメリットが薄まってしまいます。

「電子手形の達人」であればスタンドアロン版で24万(製品20万+保守4万)で導入可能です。

郵送料、印紙税の削減額次第では3か月ほどで元が取れるのではないでしょうか。

手形の管理業務に手間を取られているお客様は、ぜひ”電子記録債権+電子手形の達人”をご検討下さい。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回は電子記録債権を受け取った場合の運用イメージをご紹介いたします。

 

{^^¥^^¥^^¥^^¥^^¥^^¥^^¥^^¥^^¥^^¥^^¥^^¥

「電子手形の達人」についてのお問合せはサポートセンターまで

TEL 095-848-7272

mail:union@tatujin.co.jp

¥^^¥^^¥^^¥^^¥^^¥^^¥^^¥^^¥^^¥^^¥^^¥^^}

 

電子債権の達人

プロフィール

薔薇婦人
薔薇婦人

オペレーターのフォローや訪問指導を担当しています。

サポート

電子債権の達人

プロフィール
薔薇婦人
薔薇婦人

オペレーターのフォローや訪問指導を担当しています。

プロフィール
アンク
アンク

サポートスタッフリーダーのアンクです。
親切・丁寧・明解なサポート対応を心がけています。

プロフィール
モン
モン

サポート歴3年目のモンです。
丁寧な案内ができるよう心がけています。

プロフィール
まろん
まろん

サポートスタッフまろんです。
営業業務を中心に担当しています。

プロフィール
いちにの
いちにの

こんにちは。いちにのです。
より一層親しんでいただけるようなブログにできたらと思います。

プロフィール
リッカ
リッカ

サポート新人のリッカです。お客様のお役にたてるよう頑張ります。